CalendArchive

プロフィール

SSK団
「わがSSK団はこの世のハルキョンを 広く募集しています」

猪&ざぶとん

Author:猪&ざぶとん
ハルキョンハル萌えの管理人のとめどない日記。
妄想は他所に落とすせいか、こちらではおとなしめです。
某所に投下したSSの直しとか置いてます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

 

ブログ内検索

RSSフィード


月別アーカイブ

11  10  05  02  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  07 

FC2カウンター

ABOUT

管理人・猪ざぶとん
SSと日記がメインのハルキョン妄想サイト。ハルキョン夫婦を絶賛信仰中。
リンク・アンリンクフリー

世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒとキョンの団  ハルキョン同盟     

時間ねぇー

 



メルフォはこちら

空飛ぶざぶとん
ハルキョンハルを愛で続ける妄想人のサイト 日記中心
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
栞ラリー三日目&巡礼 
2012/11/02 【Fri】 23:55
CATEGORY【雑記】
はい、三日目です。

早速阪神甲子園エリアに飛びます。
逃していた【Cafeココカラ∞】さんからスタート……と思いつつ、道を間違えて【パン工房コッペ】の方に行ってしまったので折角なので軽食代わりにパンをば。【Cafeココカラ∞】ではSOS石鹸を購入し、食事は申し訳なく思いつつパスで。
阪神→阪急と乗り換えつつ、夙川駅エリアです。
ここでは 【成田家】、【クラフトマンエッセンス】へ。
成田家ではどら焼き二種類をお菓子代わりに。クラフトはダンボール工作のお店で、パンダ・カンガルーとプテラノドンのキットを購入。動物は姪ちゃん用に丁度良さそう。他にも色々いたんですけど、残念ながら猪はラインナップになくて残念。

これで25種類制覇。外部にて上げた画像はこちら→ツイピク・http://twitpic.com/b9zkr9

時間は12時半。アクタ西宮へ戻り、コンプリート報告をして、このたびの栞ラリーはめでたく終了。
いやあ、思いのほか楽しかったです。同じような目的を持った人を見かけたり、店の人とも共通の話題が出来たり、普段入らないような店にも入れてイイ経験にもなったように思います。といっても私は平日中心だったので、そこまで同士とは会いませんでしたが。


ここからは聖地巡礼で。
12時50分ごろ、問題なくフォロワーさんと合流。
その足で【珈琲屋ドリーム】に昼食を兼ねて歓談。

コーヒーフロート&メロンクリームソーダ
エンドレスエイトにてハルヒが飲んでいたコーヒーフロートと長門のメロンクリームソーダ。SOS団指定席にて。

14時に苦楽園口駅到着。
「憂鬱」みくるの未来人告白の川縁
「消失」サイゼリヤ、光陽園学院
「笹の葉」ハルヒが乗り越えていた門
「憂鬱その他」ハルヒとキョンの踏切、長門のマンション、光陽園駅、自転車置き場、ベンチのある階段、通学路&ストーブを運んでいた道、そして北高
「消失」ハルヒが着替えた場所
という、定番? ルートを回る。
のんびりと歩いて回って、15時に甲陽園駅、15時40分に北高。
一度歩いていて道のりが分かってると存外疲れない模様。
踏み切り 線路沿い   北高前・昼過ぎ

果てさて、ここからどうする? と、バス停の方に向かっていたら北高付近で見かけていたタクシーとすれ違ったのでそのまま拾って、降りるだけなのも芸が無いのでハルキョンクラスタの聖地候補・関西学院大学へと。
その時間、わずか10分! 

関学02  関学00

丁度この日は「新月祭」という大学の文化祭だったので人も多く、自由に見て回ることが出来ました。
関西学院会館では結婚式も挙げることが出来ます。さすがに入ることもは出来ませんでしたが、扉の隙間から覗き込んでいたく感動してしまったり……。
各サークルの出し物や宣伝看板を見るだけで、大らかな校風なのが良く分かる不思議な学校でした。さり気なくSOS団の看板が出てても違和感ないように感じました。大学に行く頃にはSOS団は解散しているのでは────なんて思ってもいたんですが、ここに来てそういう思いはなくなってしまったかも。なんかここでも存分に活動してそうな未来が見えてきそうです。

色々と見て回って16時30分。甲東園駅まで徒歩で下山。
30分後に西宮北口まで戻り、後ろ髪引かれつつも聖地を後にするのでありました。

正直に申しますと。
今までそれなりに近くに住んでいながら全く西宮方面へと近づかなかったのは、よくも悪くも見る目が「変わってしまう」のが分かっていたからです。それが嫌だった。
私は別に変化がことさら恐ろしいとは思ってはいませんが、ハルヒに関しては真空パックでそのまま保存しておきたい、永遠に凍結させておきたい。そんな風に思ったいたように思います。もしくは、単に聖地巡礼というイベントを済ませたくなかったのかもしれない。
しかしこれでココに来るのも二度目。それでも尚、来てよかったと心から今は思います。
今度は夜の北高を見に行ってみたいですね。

それでは、いつか、どこかの時間線上で。またお会いいたしましょう。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。